リースのメリット

リースのメリット
Merit1
資金を有効に運用できる
設備調達に多額の資金が必要な場合でも、月々のリース料を払うだけで必要な機械設備を使用できます。
Merit2
機械・設備の陳腐化が防げる
リース期間を、法定耐用年数より短い適正リース期間内(最短、法定耐用年数の60〜70%)で設定できるため、機械設備の陳腐化を防ぐことができます。
Merit3
管理事務を合理化できる
減価償却や固定資産税、保険契約などの事務処理やそれにともなう経費も省くことができます。
Merit4
リース料は経費で処理できる
リース料はすべて経費で処理できるため、極めて合理的、経済的な償却ができます。
Merit5
事業計画に融通性が持てる
購入の場合と異なり、リースであれば機械設備の資産計上、償却事務、固定資産税の申告・納付、損害保険の付保手続が省略でき、事業計画もスムーズに進みます。
Merit6
インフレ対策に役立つ
リース料は定額であるため、インフレが起こっても目減りすることなく、安定的に経営が行えます。
Merit7
コスト計算が簡単
リース料は毎月定額であるため、コストが容易に把握できます。
Merit8
廃棄処理がスムーズに
リース終了物件の処理につきましては、費用をかけて処理業者に依頼しなければなりませんが、リース業者が排出事業者としてスムーズに対応致します。